農業・農協問題研究所 研究所案内ー3(体制 )

本研究所の運営体制は以下のとおりです。

1 会員
 会員は、研究所の目的に賛同する個人及び団体をもって組織し、
 (1)個人会員、(2)団体会員に区分する。

2 機関
 研究所は、運営に必要な機関として、総会、理事会、常任理事会を置く。
○総会は年1回、研究大会とあわせて開きます。事業計画、予算の決定、2年に1度の役員の選出を行います。理事会は30名以内で構成し、研究所の運営の基本を決めます。
○常任理事会は、理事のなかから10名程度選出し、研究所の日常的な業務の執行にあたります。「所報」編集委員会や研究・調査委員会などの専門委員会を置き活動を推進します。
○なお、事務局長のもとに、理事・事務局員若干名からなる事務局運営会議を置き、日常の事務処理や各種事業等の企画、組織運営などをすすめます。

3 支部
 会員・会員団体で都道府県単位を原則に支部をつくり、地域と職場に密着した研究・調査活動をすすめる日常活動の場としています。支部は、年2回程度の研究例会を基本に、ニュースの発行や交流、共同研究・組織活動をすすめます。

 4 役員(2016~2017年度)  
理事長   田代 洋一 (横浜国立大学・大妻女子大学名誉教授)
副理事長  ・ 砂山 太一 (全農協労連中央執行委員長)
事務局長   北原 克宣 (立正大学教授)
常任理事   岡阿弥靖正 全農OB
     渡辺 武夫 (全農OB)
     佐治  実 (首都圏支部幹事)
    ・ 舘野  豊 (全農協労連書記長)
    ・ 前田 晴茂 (青森県農協労組書記長)
理 事   江川  章
(中央大学准教授)
 〃    橋口 卓也 (明治大学准教授)
 〃    池島 祥文 (横浜国立大学大学院准教授)  
 〃     市川  治 (酪農学園大学大学院特任教授)
  〃     関根 佳恵 (愛知学院大学准教授)
 〃      板橋  衛 (愛媛大学大学院教授) 
 〃     田畑  保 (明治大学名誉教授)
 〃     神田 健策 (弘前大学名誉教授) 
 〃     後藤 光蔵 (武蔵大学名誉教授) 
 〃     富岡 雅夫  (元新潟県連労書記長) 
 〃     松原 豊彦  (立命館大学教授) 
 〃     横山 英信  (岩手大学教授) 
 〃     渡辺 克司  (鹿児島国際大学教授) 
 〃    ・  清岡 弘一  (生協労連書記長) 
 〃    ・  九村 信吾  (北海道農協労連書記長) 
 〃    ・  三上 英範  (大分県下郷農協参与) 
監 事    岡崎  勇  (日本農業新聞OB 
 〃     西出 健史  (首都圏支部幹事) 
 (2016年9月現在、・印は団体代表)
ホームへ戻る