ホームへ戻る 
農業・農協問題研究所 刊行物案内

所報『農業・農協問題研究』                 
 B5版60~80頁 頒価2000円・送料別

■№63(2017年7月)
 《巻頭言》次の山場はいつか?                    (田代 洋一)

 ブラジルの遺伝子組み換え作物の法規制と現段階        (佐野 聖香)

 《受託研究報告》
 農協「自己改革」の取組み実態と課題                (受託研究班)

 《書評》
 小林国之編著『北海道から農協改革を問う」            (田代 洋一)
 橋口卓也著『中山間直接支払制度と農山村再生』         (品川  優)

 【支部情報】 東海・首都圏
 
■№62(2017年3月)
 《巻頭言》トランプ大統領就任と日米「経済対話」           (田畑  保)
 
 秋田県農業の現状と園芸メガ団地育成事業            (佐藤加寿子)

 秋田県における園芸メガ団地育成事業を活用した地域農業再編の実態と展望
  ~由利本荘市鳥海平根地区の事例分析を中心に~       (渡部 岳陽)

 《特定課題研究報告》
 TPPに対抗する酪農・畑作地域農業の維持・発展のための農業と農協の役割
                              (東山 寛・相原延英・市川 治)
 多国籍アグリビジネスの農業支配研究の現段階
  北原・安藤編「多国籍アグリビジネスと農業・食料支配」に寄せて (村田 武)

 《書評》
 北出俊昭著『米の価格・需給と水田農業の課題」           (小池晴伴)

 【支部情報】 東北

■№61(2016年11月)
 《巻頭言》農業政策における「中心-周辺」  (横山 英信)

 卸売市場制度の変質と再構築の課題
     -豊洲市場開場中止と築地市場の存続・再整備を-    (三国 英実)

 准組合員「問題」の所在に関する検討                 (小林  元)

 農協「改革」と剰余金処分のあり方                   (田代 洋一)

 《書評》
 磯田 宏著『アグロフュエル・ブーム下の米国エタノール産業と穀作農業の構造変化』
                                         (松原 豊彦)

■№ 60(2016年7月)
 《巻頭言》選挙結果に見る安倍政権の暴走への地域からの反撃 (三国 英実)

 JAによる農業経営の展開と農協の役割           (谷口 信和・李侖美)

 一般企業の農業参入の展開状況と農業経営の実態        (大仲 克俊)

 《特定課題研究報告》
 都市農地の保全と都市農業振興の課題   (伊豫 軍記・田中 誠・成田 拓未
                                   ・増井 好男・後藤光蔵)
 《書評》
 田代洋一編著『地域農業の持続システム-48の事例に探る世代継承性-』
                                         (桂  明宏)
 村田 武著『現代ドイツの家族農業経営』               (市田 知子)

 【支部情報】 首都圏


■№59(2016年5月)
 《巻頭言》野党統一、市民連合の連携強化で参議院選挙に勝利し、安倍
       政権の暴走を止めよう                    (井上 和衛)

 多品目総合産地形成の課題ー安倍亡国農政と対峙する農業再建の道
                                          (三国 英実)
 TPPの政治経済学ー若干の論点整理                 (田代 洋一)
 ローカルフードシステムによる地域経済循環の効果分析      (池島 祥文)

 《研究会情報》福島現地研究会・視察                 (飯島 充男)

 《書評》
 田代洋一編著『TPPと農林業・国民生活』               (岡阿彌靖正)

 【支部情報】 東海


■№58(2015年12月)
 《巻頭言》員外、准組合員の利用規制問題のインパクトとTPPへの迎合・屈服
       路線からTPP批准阻止運動へ               (渡辺 克司)

 特集:第32回総会特別講演会・第31回研究大会からの報告
      「地方創生」をめぐる矛盾と対抗               (岡田 知弘)
      TPPハワイ交渉会合「失敗」の構図             (東山   寛)
 《受託研究報告》
 第27回JA全国大会議案分析                     (受託研究班)

 《書評》
 星 勉・山崎亮一編著『伊奈谷の地域農業システム 宮田方式と飯島方式』             
                                         (荒井  聡)
 【支部情報】 東北


■№57(2015年7月)
 《巻頭言》「市民の食政策」を考える-トロント市食政策評議会の経験から
                                         (松原豊彦)
 TPP・「農協改革」推進下における都市農協の現状と課題
     -都市農協における「農的事業」展開の重要性       (高橋  巌)

 北海道における系統農協組織の改革プランとその方向性     (正木  卓)

 秋田県農業の構造と農政転換への対応               (長濱健一郎)

 米価下落下の集落営農の展開方向-山形・山口・京都      (田代 洋一)

 《書評》
 守友裕一ほか編著『シリーズ地域の再生 6 福島 農からの日本再生』             
 濱田武士・小山良太・早尻正宏著『福島に農林漁業をとり戻す』 (岡田 知弘)

 【支部情報】 首都圏・中四国・新潟

■№56(2015年3月)
 《巻頭言》現場に合わない農業・農協「改革」・TPPを跳ね返す(荒井 聡)
 農業・農協攻撃の現局面                        (田代 洋一)

 《第81回研究例会から=地域・職場からの報告》
 その1 愛媛 行動を通じて感じた分断と改革の課題       (毛利 信吉)
 その2 山口 「農協だからできる」ということを追求して      (河田 秀樹)
 その3 山形 米価下落・農協改革にとまどう農協経営者・組合員(栗田 俊明)

 《特定課題研究》
 中山間限界地帯における「生活型農業」の展開と農協の課題
    ー新潟県十日町市松之山地域における調査結果ー            
                   (北原 克宣・富岡 雅夫・北村 新・伊藤 亮司)
  《書評》
 田畑 保著『地域振興に活かす自然エネルギー』          (村田  武)
 池嶋祥文著『国際機関の政治経済学』                (森原 康仁)
 田代洋一著『農協・農委「解体」攻撃をめぐる7つの論点      (佐治  実)
 岡田知弘著『自治体消滅論を超えて』・小田切徳美『農山村は消滅しない』   
                                         (村山 元展)

■№55(2014年12月)
 《巻頭言》大義なき農業・農協界各政策                 (伊豫 軍記)

 世界農産物市場とアメリカ農産物貿易の動向             (藤本 晴久)
 
 《受託研究報告》
 農業・農協攻撃の今日的特徴と反撃する運動の課題        (受託研究班)
 
 《書評》
 田代洋一著『戦後レジームからの脱却農政』              (北原 克宣)
 渡辺 治・岡田知弘・後藤道夫・二宮厚美著
    『〈大国〉への執念、安倍政権と日本の危機』           (田代 洋一)

 【支部情報】東北・東海

 ■№54(2014年8月)
 《巻頭言》秘密保護法と「宮澤・レーン事件」               (神田 健策)

 コーンエタノール・ブーム下のアメリカ穀作農業構造          (磯田  宏)
 東北の集落営農法人                            (田代 洋一)

 《書評》
 坂下明彦・李 炳旿編著『日韓地域農業論への接近』         (品川  優)
 中嶋 信著『地域の未来とTPP』                      (神田 健策)
 田代洋一・小田切徳美・池上甲一著
  『ポストTPP農政~地域の潜在力を活かすために』          (池嶋 祥文)
 神田健策編著『新自由主義火の地域・農業・農協』           (玉 真之介)
 佐藤 信著『明日の協同を担うのは誰か-基礎からの協同組合論』 (北出 俊昭
 今泉みね子著
  『脱原発から、その先へ一ドイツの市民エネルギー革命』       (橋本 玲子)
 
 ■№53(2014年4月)
 《巻頭言》TPPのもとで日本農業の危機的状況の深化への対応 (市川  治)

 暴走する官邸主導の「農政改革」を考える               (松澤  厚)
 大都市におけるフードデザート問題と都市農業            (池嶋 祥文)
 持続可能な中山間地域に向けての自治体・農協の課題Ⅲ    (田代 洋一)

 《ベトナム北部の農業・農協視察報告》
 ベトナム北部の農業・農協視察の目的と課題            (三国 英実)
 視察・研修の内容の記録                         (団事務局)
 ドンタム農協の現状と課題-アンケート調査資料に基づく検討  (増井 好男)
 参加しての感想        (青木義隆・松本美由紀・大木れい子・伊豫軍記)

 《追悼》岡本末三さんを偲んで                      (北出 俊昭)

 《書評》
 北出俊昭著『協同組合と社会改革一先人の思想と実践から』   (橋口 卓也)
 村田 武著『ドイツ農業とエネルギー転換-バイオマス発電と家族農業経営』
                                          (歌川  学)
 嘩峻衆三著『わが農業問題研究の軌跡~資本主義から社会主義への模索』
                                          (大門 正克)
 【支部情報】東海


 ■第52号(2013年11月)
  《巻頭言》安倍政権の欺瞞性を徹底的に追及しよう       (後藤 光蔵)

  TPP交渉の動向と「安倍農政」-北海道の動向も踏まえて       (小池 恒夫)
  米韓FTA発効による地域農業への影響            (品川  優

 《特定課題研究報告》
  果樹・野菜産地における農民的共同販売の展開と農協の課題
                  愛媛県下の調査事例から    (板橋 衛・山藤 篤)
  持続可能な中山間地域に向けての自治体・農協の課題Ⅱ(田代洋一)

 《追悼》鈴木文熹さんを偲んで                    ( 宮村光重)

 《書評》
    田代洋一著『農業・食料問題入門』         (橋口卓也)

【支部情報】東北


 ■第51号(2013年3月)
  《巻頭言》緊迫するTPP交渉参加問題               (後藤 光蔵

  近畿地区における人・農地プランの策定状況、特徴、課題    (小池 恒夫)
  地域農業・農地の新動向と「人・農地プラン」
    ―東海地域を中心に―                        (荒井  聡 )
  東北水田農業における担い手の現状と今後の展開方向     ( 椿   真一)
  持続可能な中産間地域に向けての自治体・農協の課題 1   (田代 洋一)

 《調査報告》
 米韓FTAに関する調査報告

     -日本の薬価制度・医療問題との関連で-          (佐治 実 )

  《書評》
  田代洋一編著『TPP問題の新局面
        -とめなければならないこれだけの理由』(佐藤 加寿子)

  安藤光義 フィリップ・ロウ編著「英国における新たな知の地平
                 -Center for Rural Economyの軌跡-』  (井上 和衛)
  村田 武・渡邉信夫編
            『脱原発・再生可能エネルギーとふるさとの再生』  (櫻井 勇 )

  《支部情報》  東海

 ■第50号(2012年11月)
  《巻頭言》自然災害と政府                      (北原 克宣

  《受託研究報告
  第26回全国農協大会議案の分析                (受託研究班
 
  《『所報』発刊50号に寄せて》
  ●日本経済と農業に異変が                      (暉峻 衆三)
  ●食糧自給をめぐる課題によせて                  (宮村 光重)
  ●研究所活動の生命線としての『所報』              (井上 和衛)
  ●求められる現場に応える実践の理論化と学習         (岡阿弥 靖正)
  所報『農業・農協問題研究』総目次(1~50号)

  《図書紹介》 
 □田代洋一著『地球とともに生きる農協をめざして』        (北原 克宣) 

  《支部情報》  東北

 ■第49号(2012年7月)
  《巻頭言》放射能汚染と食の安全                    (宮村 光重

  EU農政改革の方向-次期共通農業政策を巡る議論―       (安藤 光義
  耕作放棄地の現状と対策-耕作放棄地解消活動の取組状況  (冬木 勝仁)

  《特定課題研究報告
  地域における農産物直売活動の発展方向と農協の役割      ( 今井  健
 《受託研究報告
  地域農業振興の農協・自治体のとりくみについて
            各地の協同に学ぶ~          (受託研究班
 
  《書評》
  原田純孝編著『地域農業の再生と農地制度』
     -日本社会の礎=むらと農地を守るために-     (東山  寛
  田代洋一著『地域農業の担い手群像』
    土地利用型農業の新展開とコムニティビジネス-
   (荒井  聡
 井上和衛著『グリーン・ツーリズム 軌跡と課題』
 
暉峻衆三著『日本資本主義の食と農 軌跡と課題』      (後藤 光蔵


 ■第48号(2012年1月)
  《巻頭言》民主党野田政権の命運                  (井上 和衛)

  TPP・東日本大震災-災害資本主義への対抗          (田代 洋一)
  米先物取引の諸問題                         (冬木 勝仁)

  《韓国農業・農協視察報告》
  自由貿易協定(FTA)ラッシュに苦闘する韓国農業       ( 松澤  厚)
  韓国農協中央会の信用・経済事業分離
                -その経緯・現状と課題         (櫻井  勇)
  安城市古三農協の組織と事業
          -地域農協事業連合と農村雇傭創出の実践   (伊豫 軍記)
  韓国農業の国際化対応とゆくえ                     (増井 好男)
  ジェーン・ケルシー編著『異常な契約 TPPの仮面を剥ぐ』を読んで
                                          (後藤 光蔵)

  《書評》
  磯田 宏・品川 優著『政権交代と水田農業~米政策改革か ら戸別所得補償政策へ~』
                                          (渡部 岳陽)
  谷口信和ほか著『水田活用新時代―減反・転作対応から地域 産業興しの拠点へ―』
                                         (渕野雄二郎)
  中嶋信編著『自治体農政の新展開』                 (村山 元展)

  《支部情報》  東海・東北


 ■第47号(2011年9月)
 《巻頭言》 東日本大震災支援                (国分 博文)

 東日本大震災からの復興をめぐる二つの道
        ~「創造的復興」か「人間の復興」か~              (
岡田 知弘
 現地からの報告  震災救援・復興の課題
  岩手県の現状と復興の課題                細川 忠雄
  福島県における復興のとりくみと課題           渡辺 勝義
 アメリカの世界戦略とTPP
  ―アメリカは、危機後の世界をどのように認識しているか― (萩原伸次郎

 韓国におけるFTAの推進と農業              (金  泰坤)
 田園自然再生・自然共生の地域づくり
  ―千葉県野田市の第三セクター・野田自然共生ファームの取組(井上 和衛)

《動向・農政》
  米価の乱高下が心配な先物市場への試験上場
《書評》 
 
村田 武編著『食料主権のグランドデザイン        (岩﨑  徹)
 岡田知弘・伊藤亮司・にいがた自治体研究所編
   『TPPでくらしと地域経済はどうなる』        (中嶋  信)
 小田切徳美編著『農山村再生の実践』            (品川  優)
 荒井 聡・今井 健・小池恒男。竹谷裕之編著
   『集落営農の再編と水田農業の担い手』         (小林 恒夫)
 橋本卓爾・山田良治・藤田武弘・大西敏夫編
   「都市と農村―交流から協働へ』            (村山 元展)


 ■第46号(2011年4月)
 《巻頭言》 TPPの政治学                 (田代 洋一)

 戸別所得補償・直接支払いの基本論点                    (村田 
 コメ戸別所得補償モデル対策下における米価問題の構図    (伊藤 亮司
 個別補償政策下の北海道農業こんごの課題            (東山   
特定課題研究報告
 産地形成型農協による土地利用型農業の再構築-北海道の事例
                        (
井上 誠司・正木 卓・東山 寛)

《投稿》
 政権交代による政策変更下での集落営農組織の展開に関する考察
                                   (山口 和宏・高武 孝光)
《農業・農協の現場から》
  岡山県の農業情勢と「倉敷市の農業を考える会」の活動報告  (宇野 忠義)
《動向・農政》
  TPPの本質と農業改革の行方
《書評》
 
品川 優著『条件不利地域農業-日本と韓国        (樋口 倫生)
 今井 健編著『地域再生と農業 飛騨・美濃の国から
       (渡辺  優)

 ■第45号(2010年11月)
 《巻頭言》 現代の貧困・食料問題と協同組合の課題      (三国 英実)

 民主党政権と農業政策の課題                         (田代 洋一
 農協とは地域にとって何か                 (細川 春雄)
 みかん農業の危機とその再生の方向              (幸淵 文雄)
《動向:農政》
 本格実施へ踏み出す戸別得補償制度
《書評》
 
田代洋一編『協同組合としての農協』             (小池 恒男)
 来間泰男著『稲作の起源・伝来と〝海上の道〟』上・下
     ( 宇野忠義)
【支部情報】東海・近畿


 ■第44号(2010年5月)
 《巻頭言》 都市計画法改正と都市農業           (後藤 光蔵)

 政権交代下の新たな「基本計画」の論点                 (松澤   厚)
 《受託研究報告から》
        金融危機の農協への影響                    (受託研究班)
           新潟県・広島県

 EUにはどのような農業政策が必要か
   EUのCAP改革に対するフランス農業政策研究社の主張
                                     (訳・改題 清水  卓)
 中国農業・農協視察報告(2)
     変貌する中国の冷凍食品企業および農村合作社(2)
                                  (伊豫 軍記・増井 好男
 《書評》
     中嶋 信著 『集落再生と日本の未来――持続できる地域づくり
                                          (村山 元展)
 《支部情報》 中四国・首都圏

 ■第43号(2010年2月)
 《巻頭言》 政権交代と政策研究              (田代 洋一)
     論文 水産物消費の現状と課題                   (長谷川健二)
 《受託研究報告から》 金融危機と農協信用事業             (受託研究班)
 《特定課題研究報告》
     
大分県における農協組織の再編
          -JA杵築市を中心に               (品川 優・山口和宏)
 中国農業・農協視察報告
     変貌する中国の冷凍食品企業および農村合作社(1)
                                  (三国 英実・渡辺 信夫
 《追悼》吉田寛一先生                           (宮村 光重)
 《農業・農協の現場から》
     ダム問題で揺れる村での経営不振農家対策         (牧山 明)
 《書評》
     農業問題研究学会編 『現代の農業問題』全4巻      (橋本 玲子)
     岡田知弘著 『一人ひとりが輝く地域再生』          (小山 良太)
     北出俊昭著 『食料・農業の崩壊と再生』          (後藤 光蔵)
     宇野忠義著 『青森農業は生き残れるか』          (徳田 博美)
 《支部情報》 東海

 ■第42号(2009年8月)
 《巻頭言》 農地集積交付金は「良貨か・悪貨か・幻貨か」  (渡辺 信夫)
  論文 産消連帯の自給モデルが食料・農業政策を転換する
        生活クラブ生協の飼料米プロジェクトの到達点と課題-  (澤口 隆志
      地域資源を活かしたクリーンエネルギーのまちづくり
        
岩手県葛巻町の実践-                     (伊藤 幸男
 《受託研究報告》 第25回全国農協大会議案の分析
 《第65回研究例会》
     いま農協になにが問われているか

      農産物流通問題からの課題                (伊豫 軍記)
      現代における協同組合の役割
        
第25回全国農協大会の課題との関係-        (北出 俊昭)
      いま必要なもう一つの道
        -
大転換期における協同組合として-          (山本 博史)
      事業と運動の両面で欠かせない課題          (国分 博文)

 《書評》
    藤谷築次編著『日本農業と農政の新しい展開方向-財界農政への決別と新戦略
                                  (市川 治・大場 裕子)
    小磯 明著『地域と高齢者の医療福祉』            (朝倉 美江)

 【支部情報】
    中四国・北海道

 ■第41号(2009年5月)
 《巻頭言》 啄木の時代といまと (国分 博文)
 論文 卸売市場再編問題と築地市場移転問題 (三国 英実)
     食糧危機および金融危機下における多国籍アグリビジネスの経営状況 (久野 秀二)
     今日の食品安全行政と消費者意識の懸隔の解消に向けての一考察 (矢野 泉)
     過疎山村限界集落の高齢者と地域医療福祉
         ―長野県泰阜村の在宅福祉と高齢者聴き取り調査から― (小磯  明)
 《書評》
     小池恒雄編著『農協の存在意義と新しい展開方向
                ―他律的改革への決別と新提言』 (山本 博史)
     大島順子・井上和衛著『フランスの教育フォーラムに学ぶ―その理念と活動』
                                             (後藤 光蔵)
 《図書紹介》
     山本博史、阿部淳也、舘野廣幸、牧下圭貴、渡邉吉樹著
       『いま、日本の米に何が起きているのか』岩波ブックレット№745
 《農に想う》今こそ「日本の食糧は日本の大地から」  (渡辺 雄策)
 《支部情報》新潟・首都圏
  

 ■第40号(2009年1月)
 《巻頭言》 食料自給率向上・国産農産物消費拡大をめぐって (井上 和衛)
 論文 公共領域の変容と協同
         ―中四国の共同研究の視点にかかわって― (中嶋  信)
     地域づくりと直売市―地域づくり型産地形成と協同の拠点 (田中 秀樹)
     農産物の市場開放下における韓国農業・農政の動向 (品川  優)
     過疎山村限界集落の高齢者と地域医療福祉
         ―長野県泰阜村の在宅福祉と高齢者聴き取り調査から― (小磯  明)
 《農に想う》農地転用規制を正当化できる経済的条件 (横山 英信)
 《支部情報》東海
 《書評》
     田代洋一著『農業・協同・公共性―農と協同を紡ぐ』(田中 秀樹)
     田中秀樹著『地域づくりと協同組合』(田中 夏子)
     鈴木文熹著『道州制が見えてきた』(中嶋  信)
  

 ■第39号(2009年1月)
 《巻頭言》 差別支配に対峙する相互発達の道(三国 英実)
 論文 米の受給と価格の動向に関する考察
         ―07年産米の価格低落・低価格に関する実証的研究―(小池 恒男)
 《受託研究報告から》
     農協情報支援事業とそのプロセスにおける信頼形成
         ―北海道士幌町農協を事例として―((小林 国之)
     JA伊達みらいにおける営農指導体制と組合員組織の活性化(小山 良太)
 《農に想う》アメリカ合衆国オハイオ州で進む環境保全型農業(荒井  聡)
 《支部情報》京都・中四国
 《書評》
     白樫 久・今井 健・山崎仁朗編著
       『中山間地域は再生するか-郡上和良からの報告と提言』(久保田義喜)
  

 ■第38号(2008年2月) 今号から『農業と農協』誌と統合しました。
 《巻頭言》 農協法60年に思う (岡本 末三)
 論文 地域における協同の再生と協同組合運動 (田中 秀樹)
     バイオ燃料ブームの政治経済学
         ―グリーンはどこまでクリーンか? (久野 秀二)
     インドにおける非信用農協の展開と課題
         ―酪農協県連合会を中心に (久保田義喜)
 《農に想う》年の瀬に想うこと (細川 忠雄)
 ベトナム南部農業視察報告
   高度経済成長と国際化の中で活路を求めるベトナム南部地域を往く
    ―11年目のメコンデルタの都市と農村の変貌が意味するもの (梅本 利巳)
   ベトナム農業印象記―メコンデルタの農業にふれて (伊豫 軍記)
   沖縄人のみたベトナム (来間 泰男)
   ベトナム農業と社会主義の行方 (渡辺  基)
 《支部情報》東海、福島
 《自著を語る》 英文編著書の刊行に寄せて (暉峻 衆三)
 《書評》
   石井素介著  『国土保全の思想―日本の国土利用はこれでよいのか』(久保田義喜)
   田代洋一著 『この国のかたちと農業』 (松澤 厚)
   山本博史著 『現代の食糧問題と協同組合運動一今日から明日へ』 (宮村 光重)


 ■第37号(2007年10月)
 《巻頭言》 地球温暖化と食糧主権(宮村 光重)
  論文 品目横断対策下の北海道農業と今後の課題(東山  寛)
      品目横断的経営安定対策下における集落営農組織化の取り組み
         ~秋田県を事例にして~(渡部 岳陽) 
      「上越市担い手育成総合支援協議会」のとりくみと農協をめぐって(布施 辰夫)
      福岡県における地域農業支援システムの再編と
        品目横断的経営安定対策への対応(佐藤加寿子・椿  慎一)
      衰退する離島農業の実態と地域再生への動き
         ~東京都新島村調査レポート(井上 和衛)
 《書評》 坂爪浩史・朴紅・坂下明彦編著『中国野菜企業の輸出戦略』(岸上 光克)
 
 ■第36号(2007年1月)
 《巻頭言》 二兎を追う農政の行方  (暉峻 衆三)
 特集 第24回全国農協大会と農協のめざすべき方向
      総論・農協はどこに行くのか/
      営農部門改革の特徴と課題/
      農協運動・組合員組織対策の特徴と課題/
      事業・組織論の特徴と課題/
      人事・労務管理、職員育成対策の特徴と課題
 第5回イタリア全国農業センサスの主な結果
       (改題・清水 卓 訳・坂本 憲三)
 《農に想う》 全国農協大会決議の意味を問う (老田 弘道)
 《書評》 村田 武著『戦後ドイツとEU農業政策』(後藤光蔵)
      増田佳昭著『規制改革時代のJA戦略 農協批判を越えて』(田代洋一)
      吉田寛一・渡辺基・大木れい子・西山泰男編
             『食と農を結ぶ協同組合』(有本信昭)
      田代洋一著『集落営農と農業生産法人-農の協同を紡ぐ-』(佐藤加寿子)

 ■第35号(2006年8月)
 《巻頭言》日本農業の持続のために  (佐々木 覓)
 研究報告
   農協改革・経済事業改革の組織・事業への影響と対置すべき方向
 最重要病害りんご火傷病の日米検疫問題の交渉経過と残された問題(宇野忠義)
 《農に想う》タイ北部農業の二つの道(後藤光蔵)
 《書評》 北出俊昭著『協同組合本来の農協へ-農協改革の課題と方向
        山本博史著『現代日本の農協問題』               (三国英実)
 
 ■第34号(2006年3月)
 論文 日本農業の新たな担い手としての
       JA(農協)出資農業生産法人(谷口 信和・李 侖美)
     五泉市における協同の広がりと「協同」の課題(村山 元展)
     ニット産地五泉における「協同」の模索(田中 夏子)
     CAP改革下の英国スコットランド農業と農村開発政策の展開(井上 和衛)
 書評 岡田和弘『地域づくりの経済学入門 地域内再投資力論』(村山 元展)
     田代洋一『「戦後農政の総決算」の構図 新基本計画批判』(桂 明宏)
     橋本卓爾・大西敏夫・辻和良・藤田武弘
      『地域産業複合体の形成と展開-ウメ産業をめぐる新たな動向-』(荒井 聡)

 ■第33号(2005年8月)
 論文 アイルランドの農業・農政(田畑  保)
     EUの価値としての「社会的排除との闘い」とイタリアの「社会的協組」の展開
                           ー両義的な概念を社会的に制御する試み(田中夏子)
     NAFTA下でのメキシコ農政と生産者の展開方向に関する研究
                           ートウモロコシ部門を中心に(山田和宏・磯田  宏)
     誰に向けられた日本生協連「日本の農業に関する提言」なのか(橋本吉広)
 書評 中嶋 信・神田健策編『地域農業もうひとつの未来
                                 ー農政転換を足元から』(村田  武)
     北出俊昭『転換期の米政策』(千葉燎郎)
     綱島不二雄『戦後化学肥料産業の展開と日本農業』(山田定市)

 ■第32号(2005年2月)
 論文 農協営農面事業の再構築と営農指導事業(増田 佳昭)
     県域単位合併農協における営農経済事業再編
                                 ─香川県農協を事例として(板橋 衛)
     米政策改革と農協組織(北出 俊昭)
 協同組合シリーズ 10
     協同組合の限定性と協同(宮村 光重)
 協同組合シリーズ 11
     農協労働運動の現状と課題(老田 弘道)
 協同組合シリーズ 12
     中国の農村経済組織の展開と竜等企業による産地組織化(坂下 明彦)
 書評 F・マクドフほか編、中野一新監訳『利潤への渇望
                         ーアグリビジネスは農民・食糧・環境を脅かす』(岩崎 徹)
     大塚 茂・松原豊彦編『現代の食とアグリビジネス』(佐藤加寿子)

 ■第31号(2004年8月)
 論文 果樹(柑橘)農業の再編ー現場からの報告(幸渕 文雄)
     都市農業における「都市・農村」交流(後藤 光蔵)
 書評の形の研究ノート
     横山英信『日本麦需給政策史論』が提起する麦問題の視点(宮村光重)
 協同組合シリーズ 9
     カナダ平原州の農業構造変化と新世代農協(松原豊彦)
 論文 アメリカにおける「地域が支える農業(CSA)の展開とその背景
                           ーシアトル近郊に見る運営主体の特徴(佐藤加寿子)
 書評 暉峻衆三編著『日本農業の150年ー1850~2000年』(中嶋 信)
     井上和衛著『高度成長期以後の日本の農業・農村 上・下』(橋本玲子)
     重富健一著『都市農業再論 宅地並み課税の第二次「十年戦争」』(後藤光蔵)
     村田 武編『再編下の世界農業市場』21世紀の農業・農村第1巻(滝沢昭義)
     村田 武編『再編下の家族農業経営と農協 先進輸出国とアジア
                                          21世紀の農業・農村第2巻(清水 卓)
     田代洋一編『日本農業の主体形成』21世紀の農業・農村第3巻(小池恒男)
     田代洋一編『日本農村の主体形成』21世紀の農業・農村第4巻(大木れい子)

 ■第30号(2004年2月)
 論文 地域食糧確立運動の展開と自給率向上の課題─東海地区にみる
                                 (荒井  聡)
 協同組合シリーズ 8
     タイの農漁村協同組合運動:新しい潮流と展望(山尾 政博)
 研究報告 広域合併農協における営農・販売事業の問題点(三国 英実)
        第23回全国農協大会議案の分析(受託研究班)
 書評 田代 洋一著『農政「改革」の構図』(横山 英信)
     クリストファー・D・メレット、ノーマン・ワルツアー編著
            村田  武・磯田  宏監訳『アメリカの新世代農協の挑戦』(梅木 利巳)

 ■第29号(2003年8月)
 論文 WTO自由貿易体制と先進国の農政転換(村田 武)          
    グローバル経済化の自治体大再編を問う―市町村合併と地域経済(岡田知弘)
    農協生活事業の展開と組合員参加(東 公敏)

 研究報告 農業協同組合論の論点整理
    Ⅲ.農協における組織・経営の現状と課題(山本博史)
      Ⅳ.米政策における農協組織と政府・自治体―生産調整を中心に(北出俊昭)

■第28号(2003年2月)

論文 「米政策の見直し」と地域農業(小池恒男)
    農協解体攻撃と組織・事業改革―新の再生へのみちを探る(板橋 衛)
    食品表示問題・安全性と産直活動の課題(早川 治) 
 投稿 ミニマム・アクセス米は本当に国産米の需給に影響を与えていないか―
     「生産調整に関する研究会」の影響評価の検討(横山英信)
 研究報告 農業協同組合論の論点整理

    Ⅰ.農協をめぐる問題状況と農協論の検討課題(三国英実)
      Ⅱ.比較協同組合論(田代洋一)
 案内 『農業問題入門(新版)』の刊行について
 書評 三島徳三著『規制緩和と農業・食料市場』(矢野 泉)

 ■第27号(2002年7月)

 論文 農業構造の現段階―2000年センサス分析(田畑 保)

 「米政策の見直し」と稲作経営―集落営農の現代的意義(東山 寛)

  追悼 井野隆一さんを偲ぶ(暉峻衆三)

     山崎雅子さんを偲ぶ(田代洋一)

書評 三国英実著『再編下の食料市場問題―生鮮品を中心として』
                         (板橋 衛)